セブンーイレブン・ジャパン(本社・東京都千代田区)は、6月23日(木)に「セブンーイレブン帯広春駒通西20条店」(帯広市西20条南4丁目56-2)をオープンさせる。(写真は、建設中の「「セブンーイレブン帯広春駒通西20条店」)

 出店場所は、19条通りと春駒通の交差点北西角地で、「マックスバリュ春駒通店」(同市西19条南4丁目25-1)の19条通りを挟んだ向かい側に当たる。2021年10月に集約のために移転した「帯広信用金庫春駒通支店」の跡地を利用した。店舗の建築主はセルヴィス(帯広市)、設計、監理は長谷川建築設計事務所(釧路市)、施工は佐藤工務店(帯広市)。工期は2022年4月1日から同年6月16日まで。

 帯広市内には現在、「セブンーイレブン」が43店舗、「セイコーマート」が30店舗、「ローソン」が24店舗ある。新店舗の近くには「セブンーイレブン帯広西19条南4丁目店」(西19条南4丁目14-9)、「セイコーマート帯広西20条店」(西20条西4丁目39-12)がある。



9人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。