今年7月に住生活グループから社名変更したLIXILグループのLIXILビバ(本社・埼玉県上尾市)が、札幌市手稲区に建設中の大型ホームセンター「スーパービバホーム手稲富丘店」(仮称)のオープンが来春にずれ込むことになった。札幌市に今年3月に提出していた大規模小売店舗立地法届出では11月9日新設予定となっていたが、当日現在ようやく鉄骨が組み上がった段階。今後、3~4ヵ月かけて内装工事等を進め雪解け時にオープンする。(写真は、建設が進むスーパービバホーム手稲富丘店)

 
 建設場所は、札幌市手稲区富丘2条2丁目の国道5号線沿い。土地面積約2万㎡の敷地で今年初めから土地形状変更の工事を進め、3月8日に札幌市に届け出た大店立地概要によると、店舗面積1万6400㎡の大型ホームセンターを11月9日に新設するとしていた。
 
 当日現在、建設現場を訪れると建物の外観はほぼ完成し、「スーパービバホーム」の店舗名も外壁にくっきりと見えている。ただ、内部はまだ手つかずの状況。
 
 これだけの大型店になると、数百人規模のパート、アルバイトが必要になるため、「スーパービバホーム手稲富丘店」での求人募集を調べてみると、オープン時期は来春と明記されている。建設現場にはオープン日を告知する案内は出ていないが、求人募集を見る限りオープンは4ヵ月程度遅れることは確実のようだ。
 
 LIXILビバは、札幌市清田区にも大型ホームセンター「スーパービバホーム清田店」(仮称)を建設することを決めており、こちらは来年1月に札幌市に大店立地法による店舗新設の届出が行われる見込み。こちらも、大規模集客施設のガイドラインによる住民説明会で示した当初オープン予定の来年4月から半年以上ずれ込みそうだ。



この記事は参考になりましたか?