セコマ(本社・札幌市中央区)は、「セイコーマート」で4月4日から4月17日(日)まで、北海道豊富町産牛乳を使用したデザートが続々登場する「とよとみフェア」を開催している。(写真は、とよとみミルクのダブルクリームシュー」)

 セコマは、1996年に天塩郡豊富町字上サロベツ1184番地の豊富牛乳公社に資本参加、1997年からオリジナルブランド商品の製造を開始、現在はセコマグループとして同町内の乳牛から搾った生乳を原料に、牛乳、生クリーム、ヨーグルトなどを生産している。今回の「とよとみフェア」では4月4日から発売した「とよとみミルクのダブルクリームシュー」(1個本体価格120円)、「ミニシュークリーム ミルククリーム10個入り」(本体価格210円)、「北海道ミルクモンブラン」(1個本体価格240円)、4月11日から発売する「たっぷりクリームの豊富牛乳プリン(ミルクソース)」(1個本体価格180円)など期間限定で6品目を販売する。

 いずれの商品もセコマグループのシェフグランノール厚別工場(札幌市厚別区)で生産する。フェア対象商品合計で1・6万tの豊富町産牛乳を使用する。フェアの実施店舗は、北海道内の「セイコーマート」全1084店舗で、茨城県、埼玉県の店舗では実施しない。



18人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。