東亜産業(本社・東京都千代田区)が展開する24時間営業の半額専門店「TOAmart(トーアマート)」の「恵庭店」(恵庭市恵み野北3丁目1-1、恵庭RBパークセンタービルS101)が、3月20日にオープンした。北海道では8店舗目になる。(写真は、3月20日にオープンした「TOAmart恵庭店」)

「TOAmart恵庭店」は、閉店した「ローソン恵庭恵み野北店」跡への居抜き出店。団地中央通り沿いに立地し、「コープさっぽろ恵み野店」の北側に位置する。「TOAmart」は、日用雑貨、美容・健康器具、食品などの企画開発・製造、卸の東亜産業が全国展開している半額専門店。問屋を介さず直接仕入れをしていることで、低価格を実現している。同社が展開していた新型コロナウイルスのPCR検査センターを転換するなどして、店舗を増やしてきた。

 北海道では、PCR検査センターだった「札幌センター」(中央区南2条西4丁目清水ビル1・2階)を2021年11月1日に「TOAmart」転換。それ以降は、函館、帯広、旭川、稚内などにあったPCR検査センターを「TOAmart」に相次いで転換して店舗を増やしてきた。2021年12月26日には、「札幌宮の沢店」(札幌市西区)をオープンさせたが、こちらはインバウンド向けの店舗だった「楽一北海道免税店」跡への居抜き出店だった。東亜産業は、アフターコロナで消費者の低価格志向が一段と強まるとしており、「TOAmart」の出店を全国で増やしていくとしている。

 なお、取り扱っている商品は、食料品、菓子、ドリンク、日用消耗品、衛生用品、台所用品、電化製品、化粧品、健康グッズ、美容家電、ブランド品、旅行用品、衣料品、バラエティグッズ、アウトドア用品、スポーツ用品、インテリア、ペット用品などだが、入荷状況によって店舗の商品は異なる。



33人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。