AKB公式ライバルとして結成されたアイドルグループ「乃木坂46」。その結成10周年ベストアルバム「Time flies」の発売を記念して、札幌の「コーチャンフォー新川通り店」(札幌市北区新川3条18丁目)に「乃木坂46カフェ」が1月5日、期間限定オープンした。
(写真は、「コーチャンフォー新川通り店の「乃木坂46カフェ」の店内=リラィアブル提供)
(画像は「乃木坂46カフェ」のロゴ)

 歴代シングル曲をイメージしたコラボメニューの提供やオリジナルグッズの販売などを行う。同カフェは同年2月28日(月)までのトータル55日間。東京・渋谷以外では現時点で札幌のみの開催となる。「コーチャンフォー」は、本・音楽・文具・飲食の全国最大規模の複合店で、今回の「乃木坂46カフェ」は、「新川通り店」のカフェ&レストラン「カフェインターリュード」を利用してオープンさせた。店内のガラス面やテーブル天板にメンバーの肖像やロゴなどのシートを貼り、衣装も定期的にローテーションで替え、5着ずつ展示。歴代シングルポスターもローテーションで数枚ずつ展示する。その他、メンバーのサイン展示やオリジナル動画のプロジェクター投影がある。

 メニューは、「トマトクリームオムライス」などフード3種類、デザート3種類、ドリンク8種類で、1メニューオーダーごとに
メンバー写真のコースター(四角型)1枚をプレゼント。メニューは1月と2月で異なる。
 また、カフェ限定のグッズも販売。全36種のアクリルスタンド、Tシャツ、マグカップ、トートバッグ、ステッカーなどを揃え、一定金額以上購入するごとに、特製A5フライヤーをプレゼントする。プライズ機(1PLAY200円)やガチャ(1PLAY500円)も用意する。カフェは事前予約制で、予約金1人660円が必要。予約特典としてカフェロゴデザインの「クリアしおり」がもらえる。営業時間は10時から20時20分、80分間隔で7回入れ替えを行う。

「コーチャンフォー」を展開するリラィアブル(本社・釧路市)の佐藤暁哉社長は、「アイドル系のコラボカフェ開催は北海道でハードルが高いが、コロナ禍でイベントへの参加が難しい昨今、多くのお客さまが期待されていたと思うので実施できてうれしい。コロナ前に齋藤飛鳥さんや秋元真夏さん、卒業した橋本奈々未さんなど多くのメンバーがイベントや挨拶で『コーチャンフォー』に来店してくれており、それらのサインもまとめて飾っています。開催期間中にサプライズで面白いことができないかも考えてみたい」と話している。
※2022年1月6日記事一部修正しました。



28人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。