東亜産業(本社・東京都千代田区)が展開する半額専門店「TOAmart(トーアマート)」の「旭川店」(旭川市末広東1条3丁目4-3)と「稚内店」(稚内市大黒4丁目6-31)が、12月14日にオープンした。道内の「TOAmart」は、札幌2店舗のほか函館、帯広、旭川、稚内各1店舗の計6店舗になった。(写真は、「TOAmart旭川店」)

 東亜産業は、日用雑貨、美容・健康器具、食品などの企画開発・製造、卸などを行っており、全国で新型コロナウイルスのPCR検査センターも開設してきた。北海道では2021年1月に「札幌センター」(中央区南2条西4丁目清水ビル1・2階)を開設したのを皮切りに、帯広や函館、旭川、稚内でも展開してきた。

 それから10ヵ月あまり、同社は、今年11月からディスカウントストア「TOAmart」を新規事業としてスタート、道内の「札幌センター」を「TOAmart札幌店」に転換した。「TOAmart」は、「半額専門店」を掲げて雑貨、衣料品、日用品、飲料、菓子、美容グッズなどを販売。「帯広センター」や「函館センター」も「TOAmart」に転換、12月1日には「大通公園センター」のあるビル内に「TOAmart札幌大通店」(札幌市中央区大通西12丁目4-99)もオープンさせた。

 今回も、PCR検査センターだった「旭川店」と「稚内店」を転換した。「旭川店」は、旭川環状線沿いにあり、以前は「板倉歯科医院」が入っていた跡。「稚内店」は国道40号線より南側の道路沿いで、以前は「北海ビジネス」が入っていた跡で展開している。店頭には、《当店は半額専門店です。半額以上の商品を見つけた場合は無料で差し上げます》と店頭告知している。


47人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。