低価格食品スーパーの「業務スーパー」が、札幌市東区伏古8条3丁目に出店する。年内か年明けに「酒&業務スーパー伏古8条店」(仮称)として開店させる。(写真は、仮称「酒&業務スーパー伏古8条店」の出店場所。右の道路は宮の森・北24条通)

 出店場所は、苗穂通と宮の森・北24条通交差点の北東角地に当たる伏古8条3丁目8-27で、「ビラ・サンライト第2」の1階に居抜き出店する。以前は、自動車ショールームやリサイクルショップが入っていたガラスカーテンウォールで、内部が見える構造になっている。

「業務スーパー」は、神戸物産(本社・加古川市)がフランチャイザーとなって展開する食品スーパー。同社が国内外の協力工場で生産するプライベートブランド(PB)のグロサーリー(生鮮以外の食品)商品を中心に、製販一体の低価格で提供するのが強み。今回の「伏古8条店」をフランチャイジー展開するのは、パスポート(本社・川崎市宮前区)。同社は、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉で、祖業の酒専門店と合体させた「酒&業務スーパー」を49店舗展開している。パスポートが北海道に進出するのは初めて。酒、グロサリー食品、青果、精肉を取り扱う。

 道内の「業務スーパー」は、G-7ーパーマート(本社・神戸市須磨区)が10店舗、ケヒコ(同・横浜市中区)が4店舗、三和物産(同・青森県青森市)が2店舗、カワサキ(同・茨城県水戸市)が1店舗、三ッ輪商会(同・釧路市)が1店舗の計18店舗をFC(フランチャイズ)展開している。

 出店予定の「酒&業務スーパー伏古8条店」の近くには、「ラルズマート伏古店」、「産直生鮮市場ふしこ店」、「コープさっぽろ新道店」、「メガセンタートライアル伏古店」があり、スーパーの競争が激しいゾーンへの出店となる。



45人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。