イオン北海道(本社・札幌市白石区)は、3月20日(土)からご当地WAON「SAPPORO雪ミクWAON」の限定バージョン「SAPPORO雪ミク2021」を枚数限定販売する。20日・21日(日)は、ウイングベイ小樽内で開かれる「SNOW MIKU2021」イベントの公式物販としても販売する。(画像は、タテ券面の限定バージョンSAPPORO雪ミク2021」=イオン北海道提供)

 札幌市とイオン(本社・千葉市美浜区)は14年1月に「さっぽろまちづくりパートナー協定」を締結。取り組みの一環として、17年2月に「SAPPORO雪ミクWAON」を発行した。このWAONは、北海道を応援するキャラクター「雪ミク」のデザインをあしらっており、イオングループの各店舗やWAON加盟店で利用すると利用金額の一部が札幌市に寄付され、さっぽろ雪まつりなど市の観光振興に役立てられる。

 今回、2万枚限定で販売する「SAPPORO雪ミクWAON2021」は、雪ミクの全身を表現できるようにWAON初のタテ型券面となっている。販売場所は、道内の「イオン」、「イオンスーパーセンター」、「マックスバリュ」、「ザ・ビッグ」、「フードセンター」、「いちまる」の126店舗のほか、ウイングベイ小樽内「SNOW MIKU2021」イベント会場、さっぽろテレビ塔売店、北海道観光案内所(JR札幌駅西口コンコース内)、羊ヶ丘展望台、札幌市役所地下売店。発行手数料1枚税込み300円。1人購入の枚数制限あり。

「SAPPORO雪ミクWAON」の発行枚数は、21年2月末時点で9万9026枚。これまでの寄付金総額は555万2174円となっている。


25人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。