コストコホールセールジャパン(本社・川崎市川崎区)は、2021年春に開業する「コストコ石狩倉庫店」(石狩市新港南2丁目100ー1)のオープニングスタッフ200人の募集を始めた。同店の近くではイオン北海道(同・札幌市白石区)が、秋稼働を目指してデリカ商品を製造する「石狩プロセスセンター」を建設中。石狩市内の求人需要が高まっている。(写真は、建設が進んでいる「コストコ石狩倉庫店」)

「コストコ石狩倉庫店」は、「コストコ札幌倉庫店」(札幌市清田区美しが丘1条9丁目3ー1)に次ぐ北海道2店舗目。店舗面積合計は約3185坪(1万511㎡)、駐車場の収容台数は814台で、20年6月上旬から建設が始まり、12月下旬にはほぼ外観が出来上がっている状況。
 
 昨年10月下旬から、コストコ店舗で試食や実演といったイベントを提供することに特化した人材を雇用している「クラブ・デモンストレーション・サービシズ・インク・ジャパン」(本社・川崎市川崎区)が、新店舗での販売スタッフ募集を開始しているが、このほどコストコホールセールジャパンがオープニングスタッフの募集を開始した。募集人員は200人の大量募集で、時給は1300円から1800円となっている。

 リクルートジョブズ(同・東京都中央区)の調査研究機関「ジョブズリサーチセンター」がまとめた20年11月度の「北海道版アルバイト・パート募集時平均時期調査」によると、11月度の平均時給は前年同月の950円から1005円と55円増加となった。職種別では、販売・サービス系は935円、製造・物流・清掃系は989円、営業系は1274円などとなっている。これを見ると、「コストコ石狩倉庫店」を販売・サービス系だとすると道内の平均時給よりも30~80%も高い時給になる。
「コストコ石狩倉庫店」の近くでは、イオン北海道の「石狩プロセスセンター」の建設も進んでおり、石狩市内や札幌市北部での人材獲得合戦が激しくなりそうだ。



174人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。