ホームセンターを全国展開しているコメリ(本社・新潟市南区)は、士別市で「コメリハード&グリーン士別市店」の建設に着手した。オープンは、2021年秋になる見通し。出店場所は、ホームセンター「DCMホーマック士別店」の真向かいで、両店舗の真正面対決となる。(写真は、「コメリハード&グリーン士別店」の出店場所)

 コメリは、大型ホームセンター業態の「パワー」と、地域に密着した中型のホームコンビニエンス業態「ハード&グリーン」を中心に全国展開しており、11月現在で「パワー」72店舗、「ハード&グリーン」1121店舗を出店している。そのうち北海道では、「パワー」7店舗、「ハード&グリーン」10店舗。

「ハード&グリーン」は、工具・金物、資材建材や農業資材といった仕事に必要な商品から家庭用品、ペット用品、園芸用品などを揃えており、地域で身近なホームセンター。「士別店」の建設場所は、国道40号線沿いの士別市大通西19丁目463番地13ほかで、ファッションセンター「しまむら士別店」の隣接地。コメリは市の開発許可を受けて既に造成工事を始めている。

 敷地の開発面積は、約3959坪(1万3065・35㎡)。道への大規模小売店舗立地法に基づく新設の届け出はまだ行われていないため、店舗面積は不詳。店舗の設計、監理はT&N北海道設計事務所(札幌市東区)、施工は土地造成を含めてエスデー建設(本社・旭川市)。工期は20年10月1日から21年9月15日となっている。
 
 コメリは、名寄市徳田105ー3に「コメリパワー名寄店」を18年11月1日にオープンさせている。「DCMホーマック名寄店」の向かいに出店しているが、今度の「コメリハード&グリーン士別店」も同様の真正面出店。対DCMホーマックの姿勢を鮮明にする。



35人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。