サツドラホールディングス(HD、本社・札幌市東区)と上川郡東川町は18日、オフィシャルパートナー協定を締結した。この日、サツドラHDの富山浩樹社長兼CEOと東川町の松岡市郎町長が同町で締結式を行った。(写真は、サツドラHDと東川町のオフィシャルパートナー協定締結式=サツドラHD提供)

 サツドラHDは、災害時物資供給協定を道内10自治体と締結しているが、地域活性化をベースとするこうした協定は、道との包括連携協定や札幌市とのパートナー協定、さっぽろ連携中枢都市圏との協定があるが、町と締結するのは檜山郡江差町に次いで2例目。

 本協定での事業内容は、①まちづくりや地域の振興②地域住民の健康維持③歴史や文化、観光資源の活用④地域振興を担う人材育成などについて協働して取り組むことがうたわれている。具体的な活動については今後詰めていく。

 東川町には、「サツドラ」の店舗はないが、サツドラHDは地域コネクテッドビジネスをビジョンとして掲げていることから、「ウェルネス事業や教育事業、地域共通ポイントカード『EZOCA』などで町と連携して地域の活性化に寄与したい」(広報)と話している。


4人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。