札幌中心部でコンビニエンスストア「ローソン」の閉店が続いている。9月30日の「札幌南3条西五丁目店」に続き、10月31日には「札幌南3条駅前通店」も営業を終了した。(写真は、10月31日で閉店した「ローソン札幌南3条駅前通店」)

 10月31日に閉店した「ローソン札幌南3条駅前通店」は、南3条西4丁目の狸小路商店街に面したアルシュビル1階で営業していた。同ビルには「MEGAドン・キホーテ札幌狸小路本店」が核テナントとして入っており、1階の駅前通側には「ロッテリア札幌中央店」、「吉野家札幌狸小路店」、「ローソン」店舗が並び賑わいを発信していた。

 同店と9月30日に閉店した「札幌南3条西五丁目店」は、いずれもJ&S(札幌市中央区)がフランチャイジーとして運営していた店舗。「札幌南3条西五丁目店」は、2009年3月に開店した店舗で11年間、「札幌南3条駅前通店」は10年2月に開店した店舗で10年間、それぞれ展開してきた。
 なお、J&Sは「札幌南3条西四丁目店」(08年1月開店)、「札幌地下街ポールタウン店」(14年10月開店)のローソン店舗も営業している。



24人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。