長谷川産業(本社・帯広市)は、家具・インテリア量販店の「スイートデコレーション大曲店」(北広島市大曲幸町6丁目1)を完全閉店する。2018年9月6日の北海道胆振東部地震による影響で休業中だったが、営業を再開せずに完全閉店を決めた。(写真は、完全閉店する「スイートデコレーション大曲店」)

「スイートデコレーション大曲店」は、大規模商業施設「インターヴィレッジ大曲」の2階にある。「ケーズデンキ」や「スーパーアークス」、「カインズホーム」、「スイートデコレーション」を核に、専門店モールには「サツドラ」、「西松屋」、「ABC-MART」、「マックハウス」、「ダイソー」などが入っている。

 三菱地所(本店・東京都千代田区)などがデベロッパーになって08年6月にオープン。その後、14年4月にオリックス不動産投資法人(本社・東京都港区)がREIT(不動産投資信託)対象物件として51億8300万円で取得した。

「スイートデコレーション大曲店」は、唯一の2階店舗で営業を続けてきたが、2年前の胆振東部地震で損傷を受け営業を休止。このほど、営業を再開せずに完全閉店することを決め、10月17日からきょう23日まで「大曲店」の家具を他の店舗で安く販売する「スイデコ大曲店完全閉店協賛セール」を実施している。

「スイートデコレーション」は、休業中の「大曲店」を除いて16店舗(うち2店舗は道外)を展開。協賛セールは、道外2店舗と「メガアウトレットおびひろ店」(帯広市)を除く道内13店舗で開催中。


48人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。