札幌で野菜・果物の青果専門店を展開する「深澤青果」は、7月下旬に「ドン・キホーテ手稲店」(札幌市手稲区前田5条11丁目7ー10)にテナント出店する。(写真は、「ドン・キホーテ手稲店」)
(写真は、「ドン・キホーテ手稲店」内の「深澤青果」出店場所)

「深澤青果」を展開しているのは、有限会社DEEP(札幌市白石区)。「本店」(同)、「本郷市場店」(同)、「二十四軒店」(西区)の路面店3店舗を展開していたが、2019年11月に「サツドラ東雁来店」(東区)内に出店。他の大三ミート産業(本社・福岡県田川市)の精肉、むすんでひらいて(同・同県鞍手郡鞍手町)の惣菜とともにコンセッショナリー方式(売り場を借りて出店する専門店)での出店を果たした。その後、「サツドラ千歳店」(千歳市)内にも出店している。

 今回は、「ドン・キホーテ手稲店」内への出店となる。「ドン・キホーテ」は、生鮮食品を含めた食品を自前展開している店舗もあるが、「手稲店」は、日配品や加工食品、飲料、菓子、酒類などを取り扱っているものの青果は取り扱っていなかった。「深澤青果」の出店場所は、現在はレジコーナーがある近く。内装工事が進んでおり7月下旬にオープンする予定。今回の出店で、「深澤青果」の店舗数は6店舗になる。


23人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。