札幌市中央区南1条西2丁目の「IKEUCHI ZONE」4階にある100円ショップ「Can★Do札幌イケウチゾーン店」が、4月11日(土)に閉店する。同店は「Can★Do」の札幌最大級店舗で、常時1万5000点の商品が販売されていた。同店閉店で大通地区から「Can★Do」店舗がなくなる。(写真は4月11日に閉店する「Can★Do札幌イケウチゾーン店」)

「Can★Do札幌イケウチゾーン店」は2014年12月にオープン。それまで大通ゾーンには、「ダイソー」の店舗は複数店舗展開していたが、「Can★Do」の店舗はなかった。オープン当初は多くのお客で賑わったがファッションビルの4階で路面店ではなかったため、徐々に客足が落ちていった。
 今回、オープンから6年弱となる4月11日に閉店することを決め、現在は「閉店セール」として雑貨全品10%OFFを実施中。

 札幌中心部の「Can★Do」は、すすきの地区の「ラフィラ店」(南4西4、ラフィラ4階)、JR札幌駅前地区の「札幌エスタ店」(北5西2、札幌エスタ地下2階)がある。「札幌イケウチゾーン店」の閉店で大通地区から「Can★Do」は消え、「ラフィラ店」もラフィラの5月閉店で営業を終えることになっており、中心部では、新規出店がなければ当面は「札幌エスタ店」のみとなりそうだ。「Can★Do」は現在、道内で74店舗、そのうち札幌市内では31店舗を展開している。


43人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。