昨年11月に移転新築オープンした「コープさっぽろしんことに店」を核テナントにしたオリックス(本社・東京都港区)の複合商業施設「クロスモール新琴似」(札幌市北区新琴似1条12丁目)が完成、14日の「ダイソー」から順次オープンする。コープ店舗に次ぐ規模の衣料の「サンキ」は18日に開店、商業棟は全面開業する。(写真は、「サンキ」や「ダイソー」などが順次オープンし、全面開業する「クロスモール新琴似」)

「クロスモール新琴似」は、新琴似2条通に面した約7144坪(2万3578㎡)の牧草地跡地を利用した複合商業施設。個人所有の土地をオリックスが賃借して2棟からなる複合商業施設を建設した。
 核テナントの「コープさっぽろしんことに店」は、老朽化した「新琴似南店」の移転建て替え店舗で昨年11月22日に先行してオープン。もう一つの商業棟の建設が続けられていたがこのほど完成、14日の100円ショップ「ダイソークロスモール新琴似店」のオープン以降、18日に衣料の「サンキクロスモール新琴似店」と「クリーニングエース新琴似1条店」、4月1日に「メガネサロンルッククロスモール新琴似店」で全面開業する。
 
 敷地内には、スポーツが専門の「スポキチクリニック」も4月3日に移転オープンするほか、保育所の開設も予定されている。
 オリックスは、旧榎田牧場跡地約7798坪(2万5735㎡)を賃借して建設した複合商業施設「クロスモール新発寒」を17年10月にオープンさせている。こちらは「マックスバリュ新発寒店」が核テナントで「サンキ新はっさむ店」、「サツドラクロスモール新発寒店」、「ダイソークロスモール新発寒店」、「メガネサロンルッククロスモール新発寒店」などが商業集積している。



15人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。