家電量販店の「ケーズデンキ」が1年ぶりに岩見沢市に戻ってくる。昨年8月に近隣の国道12号線大和跨線橋の撤去に伴う工事の影響もあって閉店していたが、撤去工事が終了、旧店舗跡に新店舗を建設することになった。(岩見沢市に再び出店することになった「ケーズデンキ」に市民の期待は高い。写真は「ケーズデンキ発寒店」の屋上看板)

「ケーズデンキ岩見沢店」(岩見沢市大和4条7ー17)は昨年8月18日で閉店、同月24日には「ケーズデンキ岩見沢アフターサービス店」を9条西8丁目7ー1に開設。しかし同年12月19日に一時営業を見合わせ、20年2月21日に6条東14丁目6ー1に移転オープンした。

 アフターサービス店の店頭にも告知されているもようだが、道の大規模小売店舗立地法に基づく新設店舗の届出が告示され旧店舗跡への新店舗建設が明らかになった。
 届出によると名称は「ケーズデンキ岩見沢店」で建物設置者と運営事業者は東北・北海道の「ケーズデンキ」店舗を展開しているケーズデンキグループのデンコードー(本社・宮城県名取市)。店舗面積は約1095坪(約3615㎡)、新設予定日は20年10月8日。駐車場の収容台数は179台、営業時間は最大で午前9時から午後10時。

 デンコードーは、昨年11月21日「ケーズデンキ帯広音更店」(河東郡音更町木野大通東11丁目1ー1)をオープンさせており、復活出店の「岩見沢店」はそれに続くもの。店舗数は現在29店舗で「岩見沢店」で30店舗になる。


104人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。