ダイイチ(本社・帯広市)は、「豊岡店」(旭川市豊岡3条4丁目)を3月8日午後6時で閉店する。同店の閉店によって同社の旭川ブロックの店舗数は7店舗になる。代替の新店舗も模索する。(写真、「ダイイチ豊岡店」)

「ダイイチ豊岡店」は、ホクレン商事(本社・札幌市北区)運営の「ホクレンショップ豊岡店」跡に2017年10月6日に居抜きでオープンさせた店舗。同店は、賃借物件でホクレン商事の契約期間が2年間強残っていたため、ダイイチはホクレン商事から転貸を受けて営業してきた。

 ただ、オープン当初から苦戦を強いられ、旭川ブロックの店舗の中でも採算が合わない店舗の一つだった。このため、ホクレン商事と店舗オーナーとの契約期間が切れるタイミングでダイイチは契約延長せず退店することにした。

「ダイイチ豊岡店」は、DCMホーマック(本社・札幌市厚別区)の「DCMホーマック豊岡店」と商業集積をしているが、「DCMホーマック」は移転が予定されている旭川龍谷高校の跡地開発の際に核店舗になると目されている。ダイイチも同高校の跡地への出店を想定されている。


63人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。