北海道キヨスク(本社・札幌市中央区)は24日、JR釧路駅構内にある「セブンーイレブン北海道ST釧路店」を移転オープンさせる。
(写真は、「セブンーイレブン北海道ST釧路店」の現店舗と移転先)

 北海道キヨスクは現在も釧路駅構内で「セブンーイレブン」を展開しているが、JR北海道が駅の利便性向上のため店舗と待合室の配置を見直すことにしたため、旧待合室のスペースに移転することにした。移転オープンは24日(金)の午前6時で売り場の面積は約2倍になる。営業時間は従来通り午前6時から午後10時。移転オープンに合わせて24日から26日までの3日間、オープニングセールを実施。おにぎりやパン全品を30円引きで販売する。

 北海道キヨスクは、2010年11月にセブンーイレブン・ジャパン(本社・東京都千代田区)とフランチャイズ契約を締結、キヨスク店舗の「セブンーイレブン」転換を中心に出店してきた。現在は、札幌市内16店舗のほか帯広駅、旭川駅、釧路駅など合計25店舗を展開している。


14人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。