ニトリ(札幌本社・札幌市北区、東京本社・東京都北区)は、スマートサイズのホームファッション・ストア「デコホーム」の北海道1号店を札幌市白石区東札幌の大型商業施設「ラソラ札幌」内に出店する。オープンは2020年2月中旬の見通し。(写真は、「デコホーム高崎モントレー店」)

「デコホーム」は、2011年2月からニトリが展開を始めた中・小型サイズの新フォーマット店舗。枕や布団カバー、食器など身近な商品を手ごろな価格で販売しているほか、売れ筋を集めたスマートサイズの店舗のため欲しい商品がすぐに見つかる利点がある。ショッピングセンターや駅チカ商業施設などに出店、毎日立ち寄れるホームファッション・ストアというのが特長。現在、全国で93店舗を展開しているが、ニトリ発祥の地である北海道には店舗進出していなかった。

「ラソラ札幌」は、大和ハウス工業(本社・大阪市北区)が旧国鉄東札幌操車場跡地などの再開発によって08年に竣工させた「イーアス札幌」が前身。17年4月26日に米国の投資会社、ラサール・インベストメント・マネージメント・インク(米国イリノイ州)が、特定目的会社を通じて「イーアス札幌」を取得、18年4月28日から「ラソラ札幌」に名称変更。合わせてテナントのリフレッシュも行ってきた。管理運営はJLL(ジョーンズ・ラング・ラサール)日本が担っている。

 今年11月1日にはファストファッションの「H&M」と「GU」がAタウン1階と2階にそれぞれオープン。その後11月24日にAタウン1階の「宮脇書店東札幌店」が閉店しており、「デコホーム ラソラ札幌店」はその店舗跡への居抜き出店になる見通し。
 ※JLL(ジョーンズ・ラング・ラサール)日本のホームページは、https://www.joneslanglasalle.co.jp/



20人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。