会員制の大型倉庫型店舗を展開するコストコホールセールジャパン(本社・川崎市川崎区)が北海道2号店として石狩湾新港に出店を検討していることが、12日付の北海道建設新聞や北海道新聞などに掲載された。コストコは札幌市清田区に「札幌倉庫店」を2008年に開店、同店の好調な売り上げから早い段階から道内2号店の出店が話題になっていた。(写真は、「コストコ札幌倉庫店」)

 コストコは、1976年にカリフォルニア州サンディエゴにある飛行機の格納庫を改造して作られた「プライスクラブ」が始まり。83年に「コストコ」の最初の倉庫店がワシントン州シアトルにオープン、以降、高品質な優良ブランド商品を可能な限り低価格で提供する会員制倉庫型店舗として世界に店舗網を広げていった。

 19年10月1日現在で、米国の544倉庫店を筆頭にカナダ100倉庫店、メキシコ39倉庫店、イギリス29倉庫店、日本26倉庫店、韓国16倉庫店などとなっている。小規模な商店などを対象にするビジネスメンバーと個人会員の会員制で菓子類や電化製品、自動車関連商品、工具、スポーツ用品、時計・カメラ・宝飾品、衣類、化粧品、家具、オフィス用品のほか地域ブランド商品も品揃えしている。

「札幌倉庫店」に続く道内2号店は、これまでも江別市内や札幌市手稲区などで出店が噂になっていたが、ここ数年間は出店情報が途絶えていた。今回、コストコ2号店の出店候補地になっている石狩湾新港南2丁目地区は、国道337号線と国道231号線が交差するジャンクション近くで、周辺にはパチンコ店の「ダイナム石狩店」や競輪・オートレース・JRA・地方競馬の複合型場外券売り場「サテライト石狩」がある。また出店候補地の向かいには、20年3月開業予定の「スーパーホテル石狩」(仮称)がオープン準備を進めている。さらに、イオン北海道(本社・札幌市白石区)が惣菜などを生産する「石狩プロセスセンター」の建設も近接地に予定されている。

 石狩湾新港周辺は札幌市内から比較的近く、広大な土地を確保できるためバブル期には「ダイエー」の巨大店舗の出店計画や、最近では世界的な家具・インテリア「イケア」の大型店などの出店が取り沙汰されたことがある。「コストコ」の出店には、港湾とのアクセスが容易であることや高速道路インターチェンジの近くといった条件もある。同地区で巨大店舗の出店が現実になれば、石狩市など札幌圏北西部の活性化に大きく寄与することになりそうだ。


102人の方が「この記事が参考になった」と言っています。