マックスバリュ北海道(本社・札幌市中央区)は、苫小牧市日新町2丁目348番地12などに「マックスバリュ日新町店」を出店する。29日、道が告示した大規模小売店舗立地法に基づく新設届出でわかった。2020年2月に着工、同年7月中旬にオープンする予定。(写真は、「マックスバリュ苫小牧日新町店」の出店場所=左の敷地)

 出店場所は、糸井環状通沿いで「ツルハドラッグ苫小牧日新店」、「ダイソー苫小牧日新店」の西隣。いすゞ自動車が所有する更地約2628坪(8673・81㎡)を賃借して自前で建物を建設する。建物は平屋建てで延べ床面積は約858坪(2833・96㎡)、店舗面積は約625坪(2063㎡)。駐車場の収容台数は74台、駐輪場の収容台数は40台。
 出店場所は、建築基準法で定められた用途の制限を超えるため建築基準法48条但し書きに基づき、市は地域住民の公聴会を8月30日に実施、10月9日に開催された建設審査会による審査で許可を得た。

 新店舗は、郊外型の標準フォーマットの店舗になる予定で、昨年から今年にかけて同社が出店してきた都市型フォーマットの最新売り場も付加する考え。同社は、苫小牧市に5店舗を展開しており、「日新町店」は6店舗となり同市の食品スーパー市場でコープさっぽろ(本部・札幌市西区)を抜きトップシェアになる見通し。なお、現時点でもイオン北海道(本社・札幌市白石区)の「イオン苫小牧店」を加えるとトップシェアを握っている。

 マックスバリュ北海道とイオン北海道は20年3月に合併、新生イオン北海道となるが、「マックスバリュ苫小牧日新店」は新設店舗としては第1号となりそうだ。


10人の方が「この記事が参考になった」と言っています。