コープさっぽろ(本部・札幌市西区)の「しんことに店」(札幌市北区新琴似1条11丁目)が11月下旬にオープンする。老朽化した「新琴似南店」(同市北区新琴似2条7丁目)の閉店に伴う移転新築で既存店よりも約800m西側に移り、「ビッグハウス新川店」の近くになる。(写真は、オープンに向け準備が進む「コープさっぽろ しんことに店」)

 既存の「新琴似南店」(北区新琴似2条7丁目)は、新琴似通沿いで店舗面積は約397坪(1313㎡)と中型サイズの店舗。「ツルハドラッグ新琴似2条店」とのコラボ店舗だったが、「ツルハ」店舗は先行して9月30日に閉店しており「コープ」店舗も11月10日(日)午後6時で閉店する。

 同店の閉店に伴い、コープさっぽろでは同店駐車場を利用して移動販売車「おまかせ便カケル」を11日(月)から21日(木)まで午前11時30分~午後4時の間、常駐させる。

 11月下旬オープン予定の「しんことに店」は、新琴似2条通に面した約7144坪(2万3578㎡)の敷地を利用して7月から建設工事に入っていたもので、同店を核店舗に5棟が建設予定だが先行してコープ店舗が完成、営業を始める。店舗面積約645坪(約2129㎡)と既存店に比べて面積は約1・6倍に拡大する。敷地内では今後、物販店舗やクリニック、保育所などの建物が整備される予定になっている。


10人の方が「この記事が参考になった」と言っています。