ホームセンター大手のコメリ(本社・新潟市南区)は、札幌市清田区北野3条5丁目の第一貨物札幌支店跡地に「コメリパワー札幌北野店」(仮称)を出店する。コメリは札幌市内で「コメリパワー札幌発寒店」(西区)も計画しており、札幌市内2店舗目になる。(写真は、仮称「コメリパワー札幌北野店」の出店場所、工事用シートで囲われたエリア)

「コメリパワー札幌北野店」の出店場所は、厚別・滝野公園通沿いで、昨年11月に北広島市大曲に移転した第一貨物札幌支店跡地。現在は、12月末までの予定で本間解体工業(札幌市西区)が建物の解体工事を進めている。

 敷地面積は約5490坪(1万8118㎡)、そこに本館と資材館の2棟を建設する。建物の延べ床面積は約3700坪(1万2213㎡)、店舗面積は約2187坪(7220㎡)。集客区域は店舗から半径2㎞、1日当たり約5400人の来店を見込む。

 計画によると、建築基準法の確認申請は2020年1月、大規模小売店舗立地法の届け出は20年5月を予定。着工は20年7月、営業開始は21年5月を計画している。企画開発、設計、監理はアルファコート(札幌市中央区)、施工は未定。

 コメリは現在、大型ホームセンターの「コメリパワー」を苫小牧市2店舗のほか砂川市、帯広市、旭川市、岩見沢市、名寄市各1店舗の計7店舗を展開。通常のホームセンター「コメリハード&グリーン」を11店舗展開している。「コメリパワー」については、「札幌発寒店」のほかにも「函館桔梗店」(函館市)、「千歳店」(千歳市)を計画している。


40人の方が「この記事が参考になった」と言っています。