ホームセンターを全国展開するコメリ(本社・新潟市南区)は、9月16日に札幌市内に大型ホームセンター「コメリパワー札幌発寒店」(札幌市西区発寒10条14丁目1069-1)を初出店したが、2022年2月上旬には札幌市内2店舗目となる「コメリパワー札幌北野店」(仮称、清田区北野3条5丁目57ー63)をオープンさせる。札幌市内の西と東で大型ホームセンターを構えることになり、札幌での「コメリ」の知名度が一段と高まる。(写真は、2022年2月上旬オープンが決まった仮称「コメリパワー札幌北野店」)

「コメリパワー」は、住まいに関する困りごとを解決するトータルプロジェクトセンターとして、暮らしに必要な商品から仕事に役立つ商品まで、豊富な品揃えと安心な価格、充実したサービスを提供する大型ホームセンター。2021年9月末現在で、全国79店舗を展開(業態の違う「コメリハード&グリーン」などを合計すると1211店舗)しており、北海道では「札幌発寒店」が8店舗目(「ハード&グリーン」は12店舗展開)。

 2014年12月に「苫小牧東店」(苫小牧市)で北海道初進出した「コメリパワー」は、7年目にして「札幌発寒店」で大消費地の札幌に出店を果たした。同社の出店形式は、「苫小牧モデル」とも言える人口集積地での東西挟み撃ち出店。札幌市内でもこのモデルを踏襲、「札幌北野店」を間髪入れず出店する。

「札幌北野店」は、厚別・滝野公園通と北野里塚線の交差点の南西角地を利用して建設中。建設工事は、今年2月から始まっており、現在は建屋の外観が整い、「パワー」と「PRO」の看板も掲げられ、「2月上旬オープン」の横断幕も設置された。

 札幌市内のホームセンターは、DCM(本社・東京都品川区)が展開する「DCMホーマック」が32店舗、ビバホーム(同・さいたま市浦和区)の「スーパービバホーム」、「ビバホーム」が計7店舗、ジョイフルエーケー(同・札幌市東区)1店舗、カインズ(同・埼玉県本庄市)のFC(フランチャイズ)1店舗などとなっている。「コメリ」は2022年2月上旬に2店舗となるが、北海道100店舗体制を視野に入れていることから、札幌での店舗展開はさらに増えそうだ。



19人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。