スウェーデンのファストファッション「H&M」は、北海道で2店舗目となる「H&Mラソラ札幌店」を11月1日(金)にオープンさせる。2013年8月に札幌市中央区南1西3商業ビル「ラ・ガレリア」内に北海道1号店を出店しているが、2店舗目は郊外で需要拡大を狙う。(写真は、「H&Mラソラ札幌店」が入るA棟の出店場所)
(写真は、「ラソラ札幌」の外観)

「ラソラ札幌」は、地下鉄「東札幌駅」に近い札幌市白石区東札幌3条1丁目にある大規模複合商業施設。旧国鉄東札幌操車場跡地などの再開発で2008年に大和ハウス工業(本社・大阪市北区)が「イーアス札幌」としてオープンさせたが、17年4月に米国の投資会社、ラサール・インベストメント・マネージメント・インク(米国イリノイ州)が特定目的会社を通じて取得、18年4月末に「イーアス札幌」から「ラソラ札幌」に名称を変更した。近くにある札幌市のコンベンションセンターを含めて再開発地域は「札幌コミュニケーションパークSORA」と命名されており、「ラソラ札幌」はそれにちなんだ名称。

「H&Mラソラ札幌店」は、Aタウン1階に出店し、売り場面積は約287坪(約950㎡)。取り扱い品目はレディース、メンズ、キッズ、アクセサリーなどショッピングモールの客層に合わせてあらゆる年代が買い物を楽しめるように、バラエティに富んだ品揃えにする。オープニングは近隣地域の消費者が参加できるキャンペーンを実施する。

 北海道1号店の「H&M札幌店」は、今年4月にマタニティ、アンダーウェア、スポーツの売り場を増床している。「ラソラ札幌」への出店で札幌の郊外需要を開拓する。
※2019年8月20日記事一部修正しました。


29人の方が「この記事が参考になった」と言っています。