セコマ(本社・札幌市中央区)は、7月21 日(日)まで北海道との協働企画として北海道健康増進計画「すこやか北海道21」に係る取り組みである「野菜を食べようキャンペーン」を実施している。(写真は、Secoma 1/3日分野菜のラーメンサラダ)

「すこやか北海道21」では、生活習慣病などの予防や健康づくりの観点から1日350g以上の野菜の摂取を推奨しており、「野菜を食べようキャンペーン」は、セイコーマート店舗で、野菜・海藻・きのこ類を40g 以上使用した商品のPOPに「野菜〇〇g 以上」のマークを付けるなど、野菜摂取の普及活動を行う取り組み。

 2011年から実施し、今年で9年目、通算19回目となる。道内でのキャンペーンの販売数量は、2015 年と2018年を比較すると約1・5倍に増加し、野菜摂取の促進に繋がっている。

 今回の「野菜を食べようキャンペーン」では、対象商品を購入して発行される応募券を集めて応募すると、抽選で合計230人に景品が当たる。景品は、A賞が抽選で30人にぺコママネー8,31(やさい)0円分、B賞は抽選で100人にカゴメ「野菜一日これ一本」31本、C賞は抽選で100人にオリジナルの「林家たい平の野菜皿(5枚セット)〈直径約12cm〉」。応募締切は28 日(当日消印有効)。対象はセイコーマート全店 (北海道1091店、関東96 店/2019年5月末現在)。対象商品は、野菜、海藻、きのこ類を40g以上使用した商品55アイテム。


1人の方が「この記事が参考になった」と言っています。