食品スーパーの100円ベーカリーは今や当たり前になってきたが、焼きたてピザにも500円時代が到来しそうだ。(※価格はすべて税抜き価格)(写真は、「スーパーアークス山鼻店」で提供している500円ピザ)

 食品スーパーが、インストアベーカリーの売り場を設けているのは今や常識だが、その中でも100円ベーカリーが買い物客を惹きつける商品になっている。旨い、安いとあって各スーパーとも競うように販売、ちょっとしたスーパーのベーカリー戦争といった趣だ。

 そしていよいよピザも、切りの良い500円時代に入ろうとしている。業界関係者によると、10インチのMサイズ500円は首都圏では当たり前になってきているという。札幌では、600円をぎりぎり切るゴッキュパッ(598円)より上の価格が相場のようだ。

 そんな中で、「スーパーアークス山鼻店」は、4月19日のリニューアルオープンを機にインストアベーカリーの「グランシャリオ」で500円ピザの販売に踏み切った。これまでは冷凍生地を使って680~780円で販売してきたが、「1日10枚売れれば良い方だった」(売り場担当者)

 今回、冷凍生地から店内で生地を作って焼き上げるスクラッチの製法に切り替えた上で500円での販売に踏み切った。「いずれ札幌にも500円時代が来る。当店が先取りして買い物客に提供することにした」(同)と話している。ちなみに1日50枚の販売が目標としている。


16人の方が「この記事が参考になった」と言っています。