アークス(本社・札幌市中央区)とバローホールディングス(HD、同・岐阜県恵那市)、リテールパートナーズ(同・山口県防府市)は、3社間で「新日本スーパーマーケット同盟」の名のもと、資本業務提携を25日付で締結した。3社が互いに2%強の資本を持ち合い、既存事業強化と次世代に向けた取り組みを共同で行う。地域スーパーの新たな連合形態として注目される。(写真は、アークス本社)

 アークスは、北海道・北東北を地盤とする地域スーパー8社の持ち株会社で、それぞれの地域に応じたスーパーの自主性を重視した八ヶ岳連峰経営が特長。東京証券取引所1部、札幌証券取引所本則市場に上場しており、2018年2月期の売上高は5139億5500万円、営業利益は144億4000万円。
 バローHDは、東海・北陸地方を中心に食品スーパーやドラッグストア、ホームセンターを展開するとともに、製造小売業のビジネスモデルを構築、東証1部、名古屋証券取引所1部に上場している。18年3月期の売上高は、5440億2000万円、営業利益134億7000万円。
 リテールパートナーズは、中国・九州の食品スーパーを主業とする企業の連合を形成、東証2部上場。18年2月期は売上高2289億8200万円、営業利益55億8100万円。

 3社は、第三者割当増資や自己株式を供与して相互に発行済株式の2%強、約32億円強分を持ち合う。業務提携に関しては、既存事業の強化として資材、備品、什器類の共同購入、店舗開発、運営のノウハウ共有、物流センター運営ノウハウ共有、スポーツクラブ事業など小売周辺事業の共同展開などを進める。
 また、次世代に向けた取り組みとして、バックオフィス業務の統合研究、金融・決済事業に係る共同運営、スマートストアなど新たなテクノロジー対応の共同研究などを行う。

 3社は地域に密着した独立系食品流通企業として、厳しさを増す経営環境下で今後も将来にわたって生き残りを図るために「新日本スーパーマーケット同盟」の名のもと、理念の共有化を図るプラットフォームを構築することにした。
 そのことによって地域の食品流通インフラを確保、地域の食文化・食生活を守っていく。今後は、「新日本スーパーマーケット同盟」を旗印として、志を同じくする食品スーパーの全国的な結集を図る。



16人の方が「この記事が参考になった」と言っています。