セコマ(本社・札幌市中央区)は、道内110の児童福祉施設の約4800人にセコマのオリジナルケーキ約850個をプレゼントした。セコマが2002年から取り組んでいる恒例のクリスマス行事で、サンタクロースに扮したセコマ社員が各福祉施設を訪問して子どもたちにプレゼントした。(写真は、セコマ社員が扮したサンタクロースからプレゼントを受け取る子どもたち=20日、札幌市厚別区の児童福祉施設で。セコマ提供)
(写真は、プレゼントされた生クリームケーキ5号。セコマ提供)

 セコマは、社会貢献事業として2002年からクリスマスシーズンに合わせてクリスマスケーキを児童福祉施設にプレゼントしている。

 今年もグループ会社のシェフグランノール(札幌市厚別区)が製造した生クリームケーキ5号(税込2300円)をプレゼントした。17回目の今回を含めて延べ6万3514人の子どもたちに累計で9080個のクリスマスケーキをプレゼントしたことになる。
※2018年12月25日記事一部修正しました。


9人の方が「この記事が参考になった」と言っています。