(高さ9mもある本棚には蔵書がぎっしり=写真)
 コーヒー豆・輸入食品販売の「カルディコーヒーファーム」は、面積約80坪の全国一の規模で商品点数は5000点以上を揃えた。全国から厳選した和の食材を販売する「もへじ」のポップアップショップを強化。さらに道内のこだわり食品のほか、北海道産ワインも揃え江別から全国へ発信する拠点として位置付けている。

 3棟は簡易通路でつながっており、その通路や外壁、内壁には江別のレンガが使われている。店舗数は「食」の棟が12店舗、「知」の棟が1店舗、「暮らし」の棟が4店舗で合計17店舗。敷地面積は4500坪で、店舗面積は1350坪。25万冊の本が揃っている。駐車場の収容台数は当初の500台から拡張して600台にした。営業時間は午前8時から午後11時。

 20日に行われた内覧会でアイビーデザインの梅谷知宏社長は、「商業施設なら国道12号線沿いに作るのが一般的ですが、この場所を見てここでやりたいと思った。本を読んだりコーヒーを飲んだりしつつ誰かに会える緑豊かな場所だと確信したからです。江別の地域の皆さんと一緒に地域に愛されるお店を作っていきたい」と話した。

 また、来賓として参加した三好市長は、「この地域は自然豊かですが、文化の香りがする施設がなかった。大きな書店もなく、学生たちは札幌まで本を買いに行かなければならなかったので、この日を待ちに待っていました。ここで本を読みながら、食事をしながら景観を見て、ゆったりと過ごすことができます。景観も含めて素晴らしい店舗に市民や市外の方々、学生たちをお迎えできると期待しています」と挨拶していた。

  • 1
  • 2



26人の方が「この記事が参考になった」と言っています。