ドラッグストアのココカラファイン(本社・横浜市北区)は、5月13日(日)の営業をもって「平岡公園通り店」(札幌市清田区里塚緑ヶ丘5丁目1―20)を閉店する。2013年11月にオープンした新規路面店だったが、5年を待たずに閉店することになった。IMG_2940(写真は、「ココカラファイン平岡公園通り店」)

 ココカラファインは、11年10月に道内でドラッグストア・調剤薬局を展開していたスズラン薬局(本社・小樽市)を完全子会社にして道内進出。「クスリのスズラン」、「スズラン薬局」をリニューアルに合わせて順次、「ココカラファイン」に転換していった。ココカラファインの新規路面店としては、「平岡公園通り店」と14年8月にオープンした「北28条店」(札幌市北区北28西13)の2店舗のみで、直近の道内店舗数は、札幌市内8店舗を含む30店舗(調剤薬局含む)だった。

 閉店する「ココカラファイン平岡公園通り店」は、ホクレン商事(本社・札幌市北区)の「ホクレンFoodFarm平岡公園通り店」とのコンビネーション店舗で、隣接してツルハ(本社・札幌市東区)の「里塚緑ヶ丘店」がある。
「ココカラファイン平岡公園通り店」では、4月23日から閉店日まで一部商品を除いて10%引きの売り尽くしセールを実施している。



3人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。