全日本食品(本社・東京都足立区)は14日、斜里郡清里町に小型食品スーパー「シティマーケット清里店」をオープンさせる。全日食直営の店舗で全日食チェーンの加盟店跡に居抜きで出店する。IMG_5125 (2)(写真は、全日本食品北海道支社。道央圏の加盟店に配送する商品の製造、仕分けのセンター機能も持つ。旧サンウエーブ工業北海道物流センターを5年前に取得した。)

 全日食は個人商店などに商品を供給するボランタリーチェーン(VC)を運営しており、道内では約200店舗が全日食チェーンに加盟している。加盟店の総売上高は約600億円規模。

 一方で、全日食直営でも店舗展開もしており、小型店の「シティマーケット」もその一つ。半径300mを商圏にして歩いて通える小型スーパーをコンセプトにしており、現在は札幌市内3店舗のほか北見市や勇払郡安平町早来、網走郡大空町女満別などに出店している。

 14日にオープンする「シティマーケット清里店」は、全日食チェーン加盟店だったスーパーマーケットフェリス跡に出店。店舗面積は約200坪で100円ショップ、ワッツ(本社・大阪市中央区)とのコンビネーション出店。
 グローサリー商品や生鮮食品、惣菜類は釧路センターから運ぶ。運営が軌道に乗れば、加盟店に経営を委譲する。全日食は、秋口にも札幌市手稲区でシティマーケットをオープンさせる予定。


2人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。