食品スーパーのダイイチ(本社・帯広市)は、2017年9月期に旭川市と幕別町の2店舗で増床リニューアルを予定している。いずれも500坪程度の店舗を、同社の標準フォーマットである650坪に増床して活性化を図る。IMG_7853(写真は、ダイイチの旭町店)

 増床リニューアルするのは、旭川市の「旭町店」(旭川市旭町1条7丁目)と幕別町の「札内店」(札内共栄町)の2店舗。
「旭町店」は、現在テナントとの交渉を進めており、合意すれば増床リニューアルに乗り出す。「札内店」は、前期に増床する予定だったが、隣接する土地手当てが予定より遅れたため今期にずれた。いずれの店舗も450坪程度のため、600~650坪の同社標準フォーマットの店舗にリニューアルして活性化を図る。「今後10年、20年に亘って改装しなくても済むような本格的なリニューアルをする」(鈴木達雄社長)としている。



9人の方が「この記事が参考になった」と言っています。