北海道限定の菓子や農水産加工品などを販売する「北海道どさんこプラザ」が外国人観光客でにぎわう後志管内倶知安町にアンテナショップを出店した。コープさっぽろ倶知安店内に特設コーナーを設け、2017年3月末まで期間限定で営業する。売れ行きを見て常設するかどうかを決める。13120007_644272355725723_8642567671928859218_o
13087226_644272832392342_6441699239216952536_o(写真は、5月1日に行われたオープニングセレモニーと売れ筋200点が揃ったコーナー=コープさっぽろ提供)

「北海道どさんこプラザ」は、道内各地から地元でしか販売していない商品を中心に集めた北海道公式のアンテナショップ。コープさっぽろは、道と包括連携協定を締結しており、食の販路拡大の一環として倶知安店にアンテナショップを導入することにした。
 
 設置運営するのは、一般社団法人北海道貿易物産振興会(滝沢靖六会長)で面積は約4・95坪。菓子、農産加工品、水産加工品、飲料などJR札幌駅西口にある北海道どさんこプラザ札幌店の売れ筋商品約200品目を取り扱う。同じコーナーには、コープさっぽろが後志の産品を集めた「後志コーナー」を設置する。商品陳列やレジはコープさっぽろが行う。
 売れ行きを見て常設の可能性や外国人観光客や居住者の嗜好を調べる。
 
 北海道どさんこプラザは、道外に「有楽町店」、「池袋店」、「さいたま新都心店」、「相模原店」、「仙台店」、「名古屋店」の6店舗がある。


2人の方が「この記事が参考になった」と言っています。