セブン―イレブン・ジャパン(本社・東京都千代田区)は、14日(木)と15日(金)に道内に「セブン―イレブン」4店舗をオープンする。2016年に入って初の新店だが、今年も旺盛な出店が続く見込み。IMG_0903IMG_0751(写真は。「札幌南3条西2丁目店」=上と「苫小牧大町店」)

 14日にオープンするのは、「苫小牧大町店」(苫小牧市大町1丁目)。近隣にあった「苫小牧幸町店」(幸町1丁目)の移転新築で同じく国道36号線の札幌方向の左側にある。道南バスの「アイビープラザ前」停留所の前に位置する。
 近くには「業務スーパー苫小牧店」(本町1丁目)や「ローソン苫小牧栄町三丁目店」(栄町3丁目)がある。
 
 15日にオープンするのは、札幌市内の「札幌南3条西2丁目店」(中央区南3西2)と「札幌西岡4条店」(豊平区西岡4条13丁目)の2店舗と函館市内の「函館昭和1丁目店」(昭和1丁目)。
「札幌南3条西2丁目店」は、WALLHALLビル1階のファッションブランド店「XLARGE(エクストララージ)/X―girlSAPPORO」跡に居抜きで出店する。南3条通りの向かいには「ローソン札幌南3条西二丁目店」があり南3西3には「ファミリーマート札幌南3条西3丁目店」がある。
 
 セブン―イレブンの15年12月末の道内店舗数は937店。15年は移転新築やリニューアルを含めて37店舗を出店しており、16年も同様のペースで出店が続きそう。


3人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。