作業服・作業用品・ユニフォームの専門店「ワークマン」(本社・群馬県伊勢崎市)は11日、札幌市内4店舗目となる「札幌菊水元町店」(白石区菊水元町3条2丁目)をオープンさせた。17日(木)までの期間、割安価格のオープンセールを実施している。IMG_8060(写真は、札幌菊水元町店)

「札幌菊水元町店」は、南7条米里通沿いで北雄ラッキー菊水元町店の並び。
「ワークマン」は、東証ジャスダック上場でフランチャイズシステムによる専門店チェーンを展開。ホームセンターのカインズなどを展開するベイシアグループの1社で、2015年3月期の年商は691億8500万円で純利益は58億7600万円。売上高純利益率は、8・5%。
 
 同期末の全国店舗数は749店舗だが、25年に1000店舗突破を目指し、年商1億円店舗を拡大させるとしている。
 北海道への進出は、14年11月の「札幌手稲店」(手稲区)が1号店で同年12月に「札幌北36条東店」(東区)、15年7月「札幌北野通北通店」(清田区)を出店している。下期にも1店舗出店する計画。


1人の方が「この記事が参考になった」と言っています。