JR北海道(本社・札幌市中央区)は、札幌駅と新千歳空港駅を結ぶ快速「エアポート」を2020年春のダイヤ改正で1時間4本から5本に増発する。空港民営化をにらみ、インバウンド需要の増加が今後も見込めることからJR利用も増加するとして車両を新製増備、信号機など地上設備を増強して対応できるようにした。(写真は、札幌駅に到着する快速「エアポート」)

 快速「エアポート」は現在、1時間当たり4本で運行しているが、これを5本に増やす。15分間隔から12分間隔になり、これまでの1日116本から148本に32本増発、輸送量は3割増強する。

 増発する「エアポート」のうち、朝の通勤時間帯と夜の時間帯に新千歳空港と南千歳のみ停車する「特別快速」も朝と夜の各2本運行、こちらの所要時間は従来の最速37分から33分になる。ちなみに、札幌駅発新千歳空港駅行の朝の特別快速のうち1本は、新千歳空港午前8時発の羽田便に搭乗できる時間帯に到着する。
 また、早朝「エアポート」も新たに運行。札幌駅を午前6時前に発車し、新千歳空港には午前6時半ころに到着するようにする。

「エアポート」の増発には、白石貨物駅を発着する貨物列車の千歳線乗り入れを平面交差から立体交差にしなければ難しいとされていたが、信号機増設などで対応した。
※2019年9月23日記事一部修正しました。「エアポートライナー→エアポート」。読者及び関係者にご迷惑おかけしました。


22人の方が「この記事が参考になった」と言っています。