北空知信用金庫(本店・深川市)は4月13日(月)、札幌市北区に「麻生支店」を開設する。札幌市内2店舗目で札幌圏での預金、融資のシェアを高める。
(写真は、藤井ビルN37の1階に入る北空知信用金庫「麻生支店」)

 北空知信金は、2010年6月2日に札幌市中央区大通西11丁目に「札幌支店」を開設、札幌に進出した。地元の深川市など北空知地区の貸し出し需要が伸び悩んでいたことに対応したもので、札幌圏での融資拡大を狙った進出だった。

 今回、10年ぶりに札幌市内2店舗目となる「麻生支店」を同市北区北37条西4丁目に開設、札幌圏北部を対象に貸し出し先の開拓を進める。「札幌支店」の場所は、藤井ビル(本社・札幌市中央区)が所有する「大通藤井ビル」2階で、今回開設する「麻生支店」も藤井ビルが新たに建設した「藤井ビルN37」1階。
 藤井ビルの創業者は雨竜郡雨竜町出身で創業者と2代目の故英勝氏、3代目の現社長、藤井將博氏も同信金総代を務めている。こうしたことから「札幌支店」に続き「麻生支店」も藤井ビル所有のビル内への出店となった。

 同信金では、「麻生支店」開設を記念して同支店限定で13日から預金利率0・30%とネット銀行よりも高い5年もの定期預金を募集する。当初は総額10億円を上限に募集する予定だったが、政府による「新型コロナ特措法に基づく緊急事態宣言」を受け、感染防止の観点からお客の集中を防止するため、募集総額に到達しても5月29日までの取扱期間中は募集を継続することにした。定期預金契約の先着200人に、空知管内のお米1㎏をプレゼントする特典も設ける。


10人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。