鶏ガラベースのこってりラーメン「天下一品」の北海道唯一の店舗「すすきの店」(札幌市中央区)が、9月12日(日)で営業を終了する。北海道に出店して7 年、京都のこってりラーメンが姿を消す。(写真は、9月12日で閉店する「天下一品すすきの店」)

「天下一品」は、昭和47年に京都市で誕生したラーメン店。鶏ガラベースのこってりスープが特徴で、こってりしているものの後味はさっぱりしており、独特の食後感がある。まだ店舗数が少なかった昭和50年代には、「北白川総本店」(京都市左京区)や「一条寺店」(同)などが市民や学生たちで混み合っていた。

 現在は、天一食品商事(本社・滋賀県大津市)が、全国FC(フランチャイズ)展開をしており、店舗数は234店舗に及ぶ。「すすきの店」、駅前通に面した南7条西3丁目7—12のさいとうビル1階にある。この店舗をベースに道内多店舗化が期待されたが、結局、この1店舗のみで営業を終了することになった。

 京都の外食ブランドで全国展開しているのは、「餃子の王将」や「イノダコーヒー」などがある。「イノダコーヒー」は大丸札幌店の中に店舗があったが、2021年3月20日に閉店した。今回の「天下一品」の閉店で、京都の外食ブランドで目立っているのは、20店舗ある「餃子の王将」のみである。


46人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。