旭川市と札幌市で中古車の買取・販売店が相次いで出店する。旭川市では「カーセブン」が初進出、札幌では「ビッグモーター」が市内5店舗目を出店する。コロナ禍でも出店意欲は衰えていない。(写真は、旭川市永山2条10丁目の「カーセブン」建設現場)
(写真は、札幌市清田区真栄で建設中の「ビッグモーター」)

 旭川市に初進出する「カーセブン」は、カーセブンディベロプメント(本社・東京都品川区)が全国でFC(フランチャイズ)展開している中古車買取・販売店。札幌市や苫小牧市、江別市、函館市、帯広市、恵庭市、千歳市に11店舗展開しており、今回、旭川市永山2条10丁目の国道39号線沿いに店舗を構えることになった。

 出店場所は、旭川家具デザインセンター隣で旧マツダアンフィニ北海道旭川店の跡地。FC店舗を運営するのはグッドラック(旭川市)で、建物の設計、監理は高田建築設計事務所(札幌市北区)、施工は盛永組(本社・旭川市)。工事は2020年9月14日から始まっており、12月末に竣工、21年1月にオープンする。

 札幌市で5店舗目を建設している「ビッグモーター」は、ビッグモーター(本社・東京都港区)が直営で全国展開している中古車買取・販売店。建設中の店舗は、札幌市清田区真栄47ー3ほかの羊ヶ丘通沿い(札幌中心部方面車線)で「北海道スバル羊ヶ丘清田店」の隣接地。敷地面積は1・40ha(約4200坪=1万4000㎡)と広く、物品販売店・自動車修理工場棟(1階建て)、自動車修理工場棟(1階建て)、車庫棟(1階建て)の3棟からなる。

「ビッグモーター」は、17年7月に「札幌手稲店」(手稲区)と「札幌南店」(南区)を出店して北海道に進出。18年7月に「札幌厚別店」(厚別区)、12月に「札幌白石店」(白石区)を出店してきた。今回の「札幌清田店」(仮称)は、5店舗目でオープンは年明けになりそう。



5人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。