狸小路商店街の4丁目で9月15日に発生したラーメン店「札幌炎神(えんじん)・狸小路本店」の火災により、休業していた同店が閉店することになった。(写真は、火災の跡が残る「札幌炎神・狸小路本店」)

「札幌炎神・狸小路本店」は、札幌市中央区南2条西4丁目4の「T4東ビル」1階に2012年9月に開店。道産味噌3種類をブレンド、カネジン食品(本社・札幌市東区)の特注麺を使用して1300℃以上の火で仕上げる炎のラーメンとして知られていた。

 その店から出火したのは9月15日午前11時10分頃。木造2階建てのT4ビル延べ約300㎡のうち、同店や2階の内部約10㎡を焼いた。従業員一人が背中などにやけどを負った。

 火災後、休業していたが、「札幌炎神」はインスタグラムで閉業を告知した。インスタグラムによると、《私共が大災害を引き起こした事実を厳粛に受け止め閉業させていただきます。開業から9年、150万人以上のお客様にご来店いただけたことに感謝の念で一杯です》と記している。

 火災から9日後も店舗前では焦げ臭さが残り、「炎神」の大きな看板が掲げられていた2階部分はブルーシートで覆われ、火事の生々しさを漂わせている。なお、隣接して営業していたインディアンフードダイニング「ジョーティ」にも延焼したため同店は休業中で、店頭には営業再開まで姉妹店のスパイスダイニング「チャンダマ」(中央区北3条西7丁目1ー1、緑苑ビル地下1階)への来店を呼び掛ける告知をしている。


144人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。