青山商事(本社・広島県福山市)が展開する「洋服の青山・苫小牧店」(苫小牧市新開町4丁目2ー5)の敷地内で新規建物の建設工事が始まった。同社の子会社、glob(本社・広島県福山市)が展開している「焼肉きんぐ」の店舗とみられる。(写真は、建設が始まった新規建物工事)

 青山商事は、2011年7月、100%出資子会社、glob(本社・広島県福山市)を設立して物語コーポーレーション(同・愛知県豊橋市)が運営する「焼肉きんぐ」のフランチャイズ(FC)事業を始めた。北海道では、「旭川永山店」(旭川市)、「札幌東苗穂店」(札幌市東区)に加え今年7月13日にオープンさせた「札幌新琴似店」(同市北区)を展開、全国で30数店舗をFC出店している。

「洋服の青山・苫小牧店」は、国道36号線沿いの「イオン苫小牧ショッピングセンター」の向かいにあり、大型看板が目印。新規建物は、この大型看板の西側に隣接して工事が始まった。注文者は青山商事で、設計は「洋服の青山」店舗を手掛けている有限会社橘高設計(同県福山市)、施工は同じく青山店舗を手掛けている徳川組(群馬県邑楽〈おうら〉郡邑楽町)。工期は2020年9月1日から21年1月19日までとなっている。

「焼肉きんぐ」は、席で注文する焼肉食べ放題の店舗で、全国に直営やglobなどのFC店舗を含め252店舗(20年8月末現在)を展開。58品コース2680円(税抜き)、きんぐコース2980円(同)、プレミアムコース3980円(同)などがある。道内には、globが運営する3店舗のほか「北野通り店」(札幌市清田区)、「函館桔梗店」(函館市)がある。


47人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。