青山商事(本社・広島県福山市)は、「洋服の青山 札幌新琴似店」(札幌市北区新琴似8条11丁目1ー7)の隣接地に「焼肉きんぐ新琴似店」を7月中旬にオープンさせる。
(写真は、「焼肉きんぐ札幌東苗穂店」=上と建設中の「新琴似店」)

 青山商事は、2011年7月に100%出資子会社、glob(本社・広島県福山市)を設立、物語コーポーレーション(同・愛知県豊橋市)が運営する「焼肉きんぐ」のフランチャイズ(FC)展開を開始。現在は、北海道の「札幌東苗穂店」(札幌市東区)、「旭川永山店」(旭川市)を含めて全国35店舗(2019年12月末)を展開している。

 7月中旬に出店する「新琴似店」(新琴似8条11丁目2ー1)は、西5丁目・樽川通(通称・新琴似4番通り)沿いにあったパチンコ店「パーラーまいにち」(18年9月閉店)の跡地に建設中。「洋服の青山 札幌新琴似店」と仲通りを挟んで隣接しており、丼ぶりと京風うどんの店「なか卯 新琴似店」も近くにある。

「焼肉きんぐ」は、席で注文する焼肉食べ放題の店舗で全国に直営やglobのFC店舗などを含め約200店舗を展開。58品コース2680円(税抜き)、きんぐコース2980円(同)、プレミアムコース3980円(同)などがある。道内には、globが運営する2店舗のほか「北野通り店」(札幌市清田区)、「函館桔梗店」(函館市)がある。
※本サイトで「洋服の青山 札幌新琴似店」建て替えと報じましたが、「焼肉きんぐ」の建設工事でした。お詫びして訂正いたします。

16人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。