札幌市白石区東札幌3条1丁目の複合商業施設「ラソラ札幌」のAタウン2階にバンダイナムコアミューズメント(本社・東京都港区)が、アミューズメント施設「namcoラソラ札幌店」を11月27日にオープンさせた。(写真は、「namcoラソラ札幌店」)

 今年10月27日で閉店したアルティメイト(同・札幌市北区)の「げーむぱーくぎゃらくしー」跡に居抜き出店したもので、バンダイナムコアミューズメントの商業施設内店舗は、北海道ではウイングベイ小樽やサッポロファクトリー、札幌エスタ、アリオ札幌に次ぐ。

 施設のコンセプトは「幅広いお客が気軽に立ち寄れる店舗」で、店舗正面はカラフルで明るいデザインを採用、店内は木目調の温もりのある内装になっている。オリジナルフィギュアや菓子など多種多様な景品を揃えたクレーンゲームのほかアーケードゲーム、音楽ゲーム、カップルや女子中高生に人気のシールプリント機、小さな子ども向けの乗り物、親子でプレーできる人気キャラクターのカードゲーム機などを揃えている。店舗面積は約151坪(役498㎡)、営業時間は午前10時から午後8時。

 バンダイナムコアミューズメントのリアル店舗事業である「リアルエンターテインメント」部門は、映画連動プライズ景品などが人気で国内既存店は2020年3月期の上半期(19年4月~9月)で前年同期比7・5%増と好調。

「ラソラ札幌」は全館リニューアルを実施中で、11月1日にファストファッションの「H&M」と「GU」がAタウン1階と2階にそれぞれオープンするなど店舗の入れ替えが行われている。1階にあった「宮脇書店東札幌店」も11月24日に閉店しており、後継店舗の準備が進んでいる。


10人の方が「この記事が参考になった」と言っています。