北海道ガス(本社・札幌市中央区)が、約100億円を投じて建設を進めているJR札幌駅東口近くの新本社ビルが姿を現してきた。3月末に竣工、同社の本社や東区の保安センターなど市内5ヵ所にある事務所などを集約する。JR札幌駅東口の再開発を先導する役割を担いそうだ。
(写真は、竣工が近い北ガス新本社ビル)

 新本社ビルは、札幌市東区北7条東2丁目ある子会社、北海道熱供給公社の中央エネルギーセンター敷地内に建設。8階建て、延べ床面積約7272坪(2万4000㎡)で、2017年9月に着工した。設計は鹿島建設(本社・東京都港区)と日本設計(同・同都新宿区)、監理は日本設計、監修・発注者支援は山下設計(東京本社・同都中央区)。施工は、鹿島建設・岩田地崎建設(本社・札幌市中央区)、伊藤組土建(同・同)の共同企業体。

 現在の本社は、NTT都市開発(同・東京都千代田区)が所有する札幌市中央区大通西7丁目のエムズ大通ビルに入居しているが、新本社ビル竣工により移転、保安や家庭用営業部署など市内の事業所も集約、1000人規模の大所帯になる。新本社ビルの地下には、天然ガスコージェネレーションシステム(7800kW×2台)を整備、19年度から使用する。

 外観は、白地の外壁に窓が幾何学的に配置され、周囲に存在感を放っている。JR札幌駅東口ゾーンでは、テイセンボール、テイセンホール跡地の再開発や札幌卸センターの再開発などが予定されており、北ガス新本社ビルはそれらの先導役を担いながら街の活性化に寄与することになる。


18人の方が「この記事が参考になった」と言っています。