札幌市東区で「クラーク病院」や介護老人保健施設「もえれパークサイド」などを運営している社会福祉法人三草会(本部・札幌市東区)は、5月1日に就労継続支援事業所として焼き立てパンとカフェの「ambitious」をオープンさせる。(写真は、焼き立てパンとカフェの「ambitious」)

 三草会は、約3億7000万円を投じて昨年3月から札幌市北区篠路1条2丁目に総合福祉拠点「三草会リハケアセンター」の建設を進めてきた。木造2階建ての小規模多機能型居宅介護事業所と認知症対応型グループホーム、木造平屋建ての就労継続支援事業所からなり、2月末に竣工した。

 居宅介護事業所とグループホームは、3月から展開するが、就労継続支援の焼き立てパンとカフェ「ambitious」は5月1日から営業を始める。店舗の建築論席は約108坪(357・74㎡)、延べ床面積は約95坪(311・99㎡)。

 周辺には、「DCMホーマック篠路店」があるほか3月にはトライアル店舗跡に「MEGAドン・キホーテ篠路店」もオープンする予定になっており買い物客を呼び込むゾーンになりそう。


44人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。