札幌市や苫小牧市、函館市、石狩市でガソリンスタンド(GS)などを経営しているコニサーオイル(本社・札幌市中央区)は、2月28日(木)に「ドトールコーヒー札幌東橋店」をオープンさせる。札幌市中央区北1条東13丁目で営業しているGS「ビックセルフ東橋」に併設して営業を始めるもので、同社のドトールコーヒー店としては3店舗目になる。(写真は、「ドトールコーヒー札幌東橋店」)

 コニサーオイルは、丸紅エネルギーを主要仕入れ先にGSを12ヵ所運営。また、太陽光・風力発電事業、ドトールコーヒーのフランチャイズ(FC)事業、ホテル事業、カーディーラー事業などを行っている。

 今回、同社GS拠点である「ビックセルフ東橋」に併設して展開していたカーディーラー事業「三菱自動車サテライトショップ札幌中央」を「コニサーオイル車検整備センター」に転換。これまでショールームだったスペースを「ドトールコーヒー札幌東橋店」として衣替えした。同社はドトールコーヒーのFC店として「北1条通店」(中央区北1条西6丁目)、「南1条通店」(同区南1条西5丁目)の2店舗を展開しており、今度が3店舗目になる。

 車検センターとドトールコーヒー店の両店同時オープンイベントとして、チラシ持参で2月28日から3月10日までオイル交換500円、ドトールブレンドコーヒーSサイズ1杯無料のほか、年内に車検満期日を迎える利用者の早期予約特典として車検時の錆止め無料サービス、ドトールコーヒードリップカフェ4つの味わいセット15パックが1箱プレゼントされる。


20人の方が「この記事が参考になった」と言っています。