札幌・すすきの交差点近くで営業している「ケンタッキーフライドチキン札幌四番街店」が、3月31日(日)で閉店する。1階が売り場で2階には60席あり、深夜2時まで営業している。すすきのの入り口に位置する店舗として人気があった。(写真は、3月31日で営業を終了する「ケンタッキーフライドチキン札幌四番街店」)

 ケンタッキーフライドチキンは、札幌市内に29店舗あって中央区では5店舗が営業している。「札幌四番街店」は、駅前通の南4条西3丁目の2Mビルディング(札幌メダル商会が所有)の1階にあり、すすきの交差点そばのファストフード店として知られていた。

 すすきの交差点付近には、この「ケンタッキー」と「ロッテリア」、「マクドナルド」の各店舗が路面店を展開していたが、「ロッテリア」は2017年6月25日で閉店、その跡には「セブンーイレブンすすきの交番前店」が入っている。今度の「ケンタッキー」の閉店は、すすきの交差点を彩るファストフード店の世代交代を表しているようだ。


79人の方が「この記事が参考になった」と言っています。