NHR(札幌市豊平区)は、虻田郡倶知安町字山田57―1ほかの約4356坪(1万4377・86㎡)の開発を行っている。国道5号線からひらふ地区に向かう道道の尻別川を渡ってすぐの地区。IMG_2885(写真は、開発区域内に建設中のレストラン。左の山はニセコアンヌプリ)

 土地の区画形質を変更するためNHRは、後志総合振興局から昨年10月に開発許可を受けて造成工事を始めている。予定している建築物は、レストランと設備等で他は別荘地になる。 施工は、ニセコ環境開発(倶知安町)。既にレストランは外観が見え始めている。開発行為の終了は2018年9月末。

 倶知安町ひらふ地区の開発は、ひらふ坂周辺から徐々に麓に広がっている。NHRの開発区域は、ひらふの入り口部分で、羊蹄山とニセコアンヌプリが望めるロケーション。


10人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。